お問い合わせ 沖野 路希 touchcareokino@gmail.com
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タッチケア TSUMUGI

タッチケア&ヨガ&日々の事

えほん

BOOK

久しぶりの小学校に読み聞かせ。

今日は、1年生でした。

 

日本の民話

「しおふきうす」

を読みました。

 

絵本の最後は、

 

 

うすのとめかたをしらない

 

いじわるなにいさんは、

 

船ごとうみにしずんでしまいました。

 

 

今でも うすは  さらさら さらさら

 

 

それでうみの水はしおからいということです。

 

 

民話によくあるように思いますが、

 

子供達は 話にひきこまれていき、

 

ヘェ〜そうなんだ〜、、、と、うなずき聞いていました(*^^*)

 

 

作り話なんだけれど、

 

こうゆう、日本の、だから、こう言われています。

 

みたいなお話は、いつでも、

 

何だかひきこまれてしまいます。

 

 

そして、お次はこちら。

 

 

「 小学生のボクは、

   鬼のようなお母さんに

   ナスビを

    売らされました。」

 

 

先日、テレビで紹介されて話題の本、だそうです。

 

実話を元に書かれています。

f:id:ibalife:20160202173754j:plain 

 

 

作者は最後に、

こう  つづっています。

 

もし、

 

明日、

 

何かあり

 

親がいなくなる事があっても、

 

生き抜ける力を、自立出来る力を子供達につけてあげて下さい、、、と。

 

 

 

私も常々、子供達に話している事でした。

なかなか難しいけれど、そうゆう意識を時々持っていれたら、と思います。