お問い合わせ 沖野 路希 touchcareokino@gmail.com
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タッチケア TSUMUGI

タッチケア&ヨガ&日々の事

ひとつの答え

 

HUG&TOUCH TSUMUGI

なんで、やるのか、やりたいのか、私の中の答え。

 

“自分の子どもの事を信頼できる”そんな事を実感できるようになったから。デス。

 

え~!!!

そんな当り前の事?!

 

と言われそうだけど、それが出来なかったんだよね~。

 

人と比べず、今の目の前の状態を感じる、一緒に楽しみたい。

 

そうしたくてもなかなできないって事が私には山ほど、ありました。

 

下の子が産まれ、ベビーマッサージに出会い、上の子(当時2才半)にもしてあげた時に、久しぶりに娘の超リラックスした笑顔を見た。

これが泣くほど嬉しかった!

 

だって、当時の娘はヒドイ喘息持ちで、毎晩、せき込んでは吐いて、、、もう私ぐったりで。

食事に気を使い、掃除に気を使い、それよりなにより、人の子と比べてばかり、子どもの事が不安で、いっぱい、いっぱいの、子育てを楽しめない自分がいた。本当に苦しいのは、絶対に娘なのに「いい加減にして!!」って。イライラしてた。余裕がなかった、、、。このままだと、いつか虐待になる。。。ってホントに自分が怖かった。。。

 

それが、下の子で通っていた、ベビーマッサージを「ぜひ、上の子にしてあげて」と言ってくれた沖縄県こもり助産院の先生の言葉を聞いて、藁にもすがる様な思いで、家に帰ってしてみたら、

娘が、ごろーーんて、とってもリラックスして「お母さんの手、きもちぃぃぃ。」て幸せそうに笑ってくれた。

それをみた瞬間に、ぶわぁぁぁぁって、心に血が通いだした感じがした。

 

自分でもビックリした。

ふれる事って、すごい力を持ってるんだってわかってしまった。

 

バチンって痛みのある触れ方は、子どもにも自分にも、心にも体にも痛みが残るけど、

あったかいふれ合いは、心も体も緩める温める事が出来る。

 

そんな思いから、あたたかなふれ合いを学ぶ事につながっていきました。

 

自分の手からあふれる愛を、自分で感じて欲しいな~

 深呼吸できたり、顔を見て触れ合って、相手を笑顔に出来たら?それが日々積み重なっていったら?

『ただ、ただ、今の目の前の子との、温かさを実感する』そんな事が楽しさにつながるなら?

 

あれから10年、タッチを続けていた私の1つの答え。

“子供を信頼できるようになったこと” 

 

あんなに、人の子と比べてばかり、ダメダメで、子どもの事で不安だらけだった、10年前の私に

「大丈夫だよ~。」

「ちゃんと娘の事も、息子の事も、この子なら大丈夫!って。好きなようにさせてあげられてる。信じてあげられるようになってるよ~」

 

ってタイムマシンに乗って伝えてあげたい。

 

 f:id:ibalife:20160908141224j:plain