お問い合わせ 沖野 路希 touchcareokino@gmail.com
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タッチケア TSUMUGI

タッチケア&ヨガ&日々の事

千早なみきスクエアにてキッズインコンタクト

100 HUG PROJECT

 

少し前になるけれど、

なみきスクエアの2階の和室にてキッズインコンタクトを開催しました。

 

和室の障子を開けると、千早駅ロータリーが真ん前に見えます。

 

目線には緑が映る美しい景色です。

 

 

 

皆、お友達同士。もうすぐ3歳になる子供たちのお母さんたちです。

 

みんな、元気いっぱい。

スキンシップは多い時期だと私は、思います。だけれどじっとはしていられない、時期。

 

それでも子供たちって、なんかあるとすぐに、くっついてきて、

 

見て見て〜。

 

ママ、これして、あれしてって

声をかけてくる。

 

夏休みに入って、そんな子供連れのママを見ると、

一日中一緒で、イライラしている親子も沢山います。

自分だって、ものすごくイライラした時期でした。

 

冷たい態度をとった後に自己嫌悪もしばしば。

こんなはずじゃなかったって、毎日夜に寝顔をみながら泣けてきたり。

 

みんな、本当は我が子の事は大好き。子供だって、お母さんが1番いい。

だけど一日中、くっついていると疲れて当たり前。

 

それでも、経験上思うのは、本当は愛してる、大好きな我が子なのに、苦しいほどきつい。そんな時は心もがんじがらめ。抜け出せない。他の子がお利口に見えて、うちの子はダメな子にさえみえる。

 

それが、らくなはずがない。

たぶん、呼吸もかなり浅いし、笑いもひきつってる。

 

みんな、必死になって。

自分のことの中に正解を探してる。

 

子供とちゃんと見つめる事。

笑ったらわらい返すこと。

 

難しかったら、少しタッチの力を借りてみればいい。

人との触れ合い事は、当たり前にここにいる自分や今の子供を感じることができる。

 

まずは、

深呼吸から。

 

少しずつ、心を解放していきましょう。

 

f:id:ibalife:20160727144442j:plain

恒例の、大人同士のタッチ体験時間は

大好評です。

 

 

f:id:ibalife:20160727150735j:plain

大技!くるりんパッ‼︎

 

f:id:ibalife:20160727150942j:plain